top of page
20200903_210419_5.jpg

ヨガ&ピラティスインストラクター

大木亜弓

都内でヨガ・ピラティスインストラクター、腸セラピストとして活動しています、大木亜弓です。

​妊娠後、帝王切開での出産を経験したことで、"心と身体の変化"を自分の体をもって体感し、

同じ経験を持つ女性の体をサポートしていきたいと思い、専門の先生から身体のしくみを学び続けてきました。

 

知識を深めるため、現在もなお勉強を続けておりますが、

皆さんにお伝えする際にはわかりやすく説明をし、心のケアも行なっています。

studiopili_大木亜弓_18.png

プロフィール

改めまして、長野県軽井沢町出身の大木亜弓です。

私の実家は昔ながらの2世代で住んでおり、

私が生まれるまで祖父が作った長屋で住んでいて、五右衛門風呂での生活でした。

祖父は職人でしたので、ケモノ食は食べない、醤油、味噌は手作り。

そんな田舎で暮らしていたちょっと今時珍しい古き良き日本の生活を経験した変わり者です笑

 

studiopili_大木亜弓_23.png

ヨガとの出会い

身体を動かすと、今まで悩んでいたことが小さく見えて自分の体もスッキリしました。

運動することで身体も痩せるし、いいことばかりだと感じました。

そして運動は日常の生活の1部になり、その頃から身体を動かすことをより意識するようになりました。

そしてその頃に、ヨガに出会います。

ヨガを初めて体験した時の私は、トレーニングとは違う身体の使い方なのでなかなか慣れず、

辛い姿勢でただ呼吸に意識をすることで精一杯でした。

しかし、レッスン後のスッキリ感の虜になり続けているうち、身体と心を繋げる動作に魅了されヨガにハマりました。

その当時、プライベートでは今の旦那と同棲していたのですが

転職などを経て私生活が変わりはじめていた頃に娘を妊娠しました。

妊娠して切迫早産になり仕事を辞めて安静にしていました。

産婦人科のマタニティヨガを受けたのですが、

その時の経験がとても良く、子供産んだ後にはヨガの資格を取ると心に決めました。

studiopili_大木亜弓_26.png

母として、一人の女性として

出産後、娘の寝ている時間にジムで働き、お金を貯めながら勉強をすることにしました。

そして、ヨガだけでなくピラティスの資格も取得しました。

当時の私は、旦那の転勤で東京に移り住み、知らぬ街での生活に不安を感じることもありましたが、

ヨガとピラティスを仕事にし、幼稚園に通う娘の子育てと家事を両立する生活で少し忙しく過ごしていました。

それでも勉強はやめず、身体の仕組み、食事療法、腸の勉強など身体のことを追求し続け、

色んな専門の先生の力を借りて学びを深めていきました。

その結果が、今のスタジオの運営や、そのほかの活動へと繋がっています。

ゴールドジム 、デサントグループ、地域のヨガスタジオ、オンライン事業、

NPO理事を務めながらシニアヨガ、ピラティス講師を務めて6年になります。

これまで40000人以上の体を一対一で見てきました。

今の活動の源は、私を信頼してくれている生徒さんに真摯に向き合いたい気持ちがエネルギーになっています。

私を見つけ出し繋がったご縁に感謝。ナマステ

studiopili_大木亜弓_24.png

女性の心をケアし、体をメンテナンスする

私自身女性の身体の悩みを体験しています。

・生理が1年こない

・卵巣に腫瘍が見つかったこと

・帝王切開での出産経験

色んな経験をして感じたことは、誰も教えてくれる人はいなかった。

検査結果の事実は病院からは伝えてもらいました。

どうしてそうなったのか?どうすべきかは教えてもらえなかった。。

今の時代は検索をすれば色んな情報があり、病院も病気にならないためにどうすべきか教えてくれる。

当時はなかったため、身体にいいことをしようと思い運動療法から始めました。

まずはジムに通うようになり身体を動かすと悩みが小さくなり身体も綺麗になるし

心も明るくなるし体が軽くなり生理も来るようになり少しずつ体が戻りつつありました。

友達の付き添いで病院にいきついでに私も子宮の検査をしようと思ったら、今度は卵巣に腫瘍が見つかりました。

かなりショックでしたが、自分の身体を労わることができてない事実と向き合い自然治療で治りました。

 

一番変化したことは妊娠と出産でした。

まず妊娠ができ、心拍が確認できた時に病院で一人で泣きました。

出産予定日2週間前に自然分娩はリスクがあると言われまた泣きました。

なぜだろう?自然に産むことが当たり前という古い考えの私は落ち込みました。

お腹の子のことを一番に考えて帝王切開で出産しました。

それから自分の身体の変化を感じる日々が続きなぜ?が増えてく日々

ジムに通ったり自分の身体のメンテナンスもしていて動く身体だったのだけれども

帝王切開で使えなくなってる感覚が強く、どうしてか考えていました。

娘が1歳のころトレーニングジムで仕事をし、ヨガとピラティスの資格を取るためにお金を貯め始めました。

旦那さんの転勤で東京在住に。

そのタイミングでヨガ・ピラティスの資格を取得します。

資格を取得してからなぞがまた増えていき追求する日々でした。

お医者さんの講座に学びに行ったり、

解剖学の勉強をしたり、機能改善プログラムを学んだり、内臓の勉強を深めるために

腸の勉強・生身の身体の解剖を見に行ったりと学び続けてやっと伝える心から伝えれる立場になりました。

身体は人間関係 自分の環境 食事 運動 この4つが必ず関係していきます。

どんな些細なことでもパーソナルセッションの時にご相談ください。

開催中のレッスン

現在『寺ヨガ×ピラティス』グループレッスンを開催してます。

自分の身体はご先祖から繋がった命

その身体を大切にすること身体と心と向き合う時間を、南蔵院というお寺をお借りして開催しています。

身体の仕組みや身体の内側へとフォーカスしてヨガ・ピラティスをツールにグループでレッスンをしています。

 

プライベートセッションでは

解剖学的に身体の骨格体質を見てパーソナルで行っていきます。

身体の仕組み・動作を確認しながら一つずつ丁寧にトレーニングしていきます。

私自身パーソナルトレーナー経験がありプライベートセッションの際はコンディショニングトレーニングをしながら身体の機能改善を行っていきます。


 

腸もみでは

遠赤外線でお腹を温めハンドオイルで内臓の深層の癒着をはがし、内臓のあるべき位置に戻していきます。

呼吸が浅い原因の一つに内臓の硬さが影響があります。

呼吸が浅いとお腹の巡りが滞り内臓機能が弱まります。

お腹には脳との繋がりの神経が100万個あると言われています

そのお腹の滞りがあると幸せホルモンの分泌が低下されます。

効果は以下の通り

・肝臓 腎臓 膵臓 胃 小腸 腸 呼吸筋(横隔膜) 機能改善

・肋骨矯正 背骨のリリース

・骨盤調整 ダイエット効果 便秘解消

bottom of page